この1行に凝縮されている

この1行に凝縮されている
Sponsored Link

 

先日取材を受けた神奈川新聞の記事が週末、
WEB版にも掲載された。

「記事見ましたよ」と何人か
声もかけていただいた。

Yahooニュースにも転載されて、
おかげさまで31日のセミナーは満席、
キャンセル待ちのお申込もいただいている。

本当に本当に、ありがたいことだと思う。

僕ら夫婦は人にインタビューすることは
慣れているのだけど、
インタビューされるのは、
実はあんまり慣れていなかったりする。

とりとめなく話した内容だったんだけど、
なんとも、まあ!

記者さんの文章って毎度惚れ惚れするけど、
キリッ!って音がしそうなくらい
簡潔に無駄なく、それでいて
必要十分にまとめてくれていて。

何度読んでも本当に素晴らしいなあと。

思っております。

純一さんも「不登校になったその後どうなるのか、そこが知りたい親は多い」と訴える。

僕のコメントはこの1行なんだけど、
考えてみれば僕が言いたいのは本当に
この1行に凝縮されているわけで…。

それが、不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』であり、
今月31日のトークリレーセミナー
「不登校の、その先は?」だ。

セミナーはあいにくもう、
キャンセル待ちになっているのだけど、
事例集の方はまだ第一号も販売中だし、
第二号もまもなく発売予定だ。

ぜひ、一人でも多くの方に届けば、
と思っている。

神奈川新聞の記事もぜひお読みください。

こちらから。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
この1行に凝縮されている



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。