つぶやいてみたい朝

Sponsored Link

 

不思議なことに。

以前のことを思い出すことが結構増えた。
それも、良い感情でなく嫌な感情のことを。

「感じ悪かったよな、あの時、あの人たち」

と自分では済ませていたつもりだった。
でも、実は相当根深いところで
自分は怒っていたんだ、と気がついた。

今さらながらフツフツと怒りが湧く。
ふざけるなバーカ、と言ってやりたくなる。

それはきっと良いことなんだろうと思う。

「感じ悪いよあんたら」

とクールにやり過ごしてきたつもりだった。
スマートにさばいてきたつもりだった。

全然そうじゃかったと今さら気がついた。
クールでもスマートでもなんでもない。

そして今はとても良い感じだと自分でも思う。

あの頃のほうがよっぽど
付き合う人の幅が狭かったし、
自分自身の伸び代も全然なかった。

今は色んな人と新しく繋がれて伸びている。

誰に向かって言うわけでもないのだけど、
ちょっと「ザマアミロ」という気分だ。

って、一体なんのことだか
皆目わかりませんよね?

わからなくていいんです、
単なるつぶやきなので――。

そう。ただ単につぶやいてみたい、
そんな朝なのでありました。

(いつもお読みいただき、
ありがとうございます)

そしてジョギングにはうってつけの朝だ。

ザマアミロ!笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。