同じ内容のメッセージでも

Sponsored Link

 

「今は来ないで!」

面白いものだと思う。

同じ内容のメッセージでも、
こんなにも受ける印象が違う。

岡山県と島根県の話だ。

「いかに歓迎していないか、警戒しているか」

「『マズイところに来てしまったな』と、後悔をしていただくようなことになればいいなと思っています」

県外ナンバーの車に乗る人を
高速道のPAで検温する、
と発表した岡山県知事の発言だ。

もちろん炎上。

片や――。

「早く会いたいけぇ、今は帰らんでいいけぇね。」

「ここ島根で生まれたそのつながりは、距離に負けるほど弱くはないと思うのです。近いうちに、いつも通り会える日が必ず来ます」

島根県はそう地元紙に新聞広告を出した。

こちらは共感の嵐。

 

「正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい」

と書いたのは詩人の吉野弘だ。

にんげん、危機的状況になればなるほど
「正義の刃」を振りかざしたくなる。

僕にも大いにそういうところがある。

あまりにも不埒な馬鹿者どもが多すぎる。
大迷惑だ、許さん!取り締まれ。

だからこそ。

刃を振りかざしたくなったそのとき、
一度、深呼吸してみる余裕を
忘れないようにしたいものだな、と。

改めて思う次第。
自戒を込めて。

早く会いたいけぇ、今は帰らんでいいけぇね。

今日もステイホームな、良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。