ホメて伸ばす子育て

Sponsored Link

 

ホメて伸ばす子育て。
小さな成功体験の積み重ねが
自己肯定感を育む――。

もちろん、
それがうまく作用することもある。

ただホメることは万能でない。
むしろ逆効果になることもある。

改めてそう思うエピソードだった。
ホメる子育てお母さんの話だ。

長男は小学5年生。
2年生のときから登校しぶりがあり、
今は不登校だ。

母親はホメる子育てに徹してきた。

1時間でも学校に行けた日はホメる。
教室に入れなくても学校に行けたらホメる。
学校に行けなくても宿題ができたらホメる。

小さな成功体験を積み上げる。

それが息子の自己肯定感につながる。
そう願ってホメ続けた。

ところが完全に逆効果だった。

息子は日曜の夜になると
腹痛に襲われ、泣き出した。

ついには母親にこうこぼしたのだという。

「次に子どもが産まれたら僕を捨ててね」

なぜこんなにも彼の「自己否定感」が
強くなってしまったのか?

それは
「部分的な登校が小さな成功体験だ」
と思っていたのは親の側だけだからだ、
と不登校新聞編集長の石井志昂さんはいう。

メッセージの受け取り手である子ども本人は、それらのことを「失敗体験」だと思っていたのでしょう。1時間だけ学校へ行けても、本人は「ほかの時間は行けなかった」と思ってしまう。宿題ができても「学校へは行けなかった」と思ってしまう。つまり、息子さんにとって「部分的な成功」を強調されることは、「それ以外はできなかったこと」を思い知らされることだったのです。「みんなにはできて、自分にはできないということを確認させてしまう日々だった」とお母さんはふり返っています。

ホメること。

そこには
「できなかったこと」
をあぶり出してしまうことも、
場合によってはある。
例えばこのケースのように。

そういえば昔、
「ホメ殺し」
なんて言葉もあったなあ、と。

ホメることで子どもの
自己肯定感を高めよう――。

そう願う「親の思い上がり」が
根っこにあるのもどうかと思う。
自分の望む方向に導こうとする、
みたいな。

それってやっぱりコントロールであって、
思い上がりだよね?

大切なのは「雑談」。
ホメる子育てより「聞く子育て」。

→→→銘記せよ!笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。