エルメスったら

Sponsored Link

 

あなたが一番素敵だなあ
と思うブランドって何ですか?

僕は、、、

実はエルメスなんです!

そう、あのHERMESだ。

ってニットタイを一本
持ってるだけだけど……。

でもやることなすこと、エルメスは本当に
いつも胸がキュンキュンするくらいイイ。

例えば?

自分たちの「社史」を
日本の漫画家に描いてもらうことだとか。

この竹宮惠子の「エルメスの道」を
読んでからは完全にファンになった。

だってあのエルメスだぜ。
日本の漫画家にご指名で
社史を依頼するんだぜ。
どんだけブッとんでんだよ?

と、いうのもそうだけど。

見れば見るほど、なにからなにまで、
いつもため息が出るくらい素敵だ。

そして雲の上どころか成層圏の価格も、
まあここまで徹底してればむしろ清々しい。

ということで、今年もコレの季節になった。

まったくなんて素敵なんだ、
エルメスったら!

カッケーよな本当に。

さっきスノーマンを作って
うちの奧さんに送っておいた。

あなたもよろしければぜひ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。