原因と解決策、という誤った連想

原因と解決策、という誤った連想

率直に言って、不登校はどこか遠い星の、見知らぬ誰かの話だと思っていた。

まさか、自分の子どもに限ってと思った。

親が陥りがちな思考

僕がまず最初に思ったのは、何が原因なんだ?ということ。

そしてその対策はどうしたらいいんだ?と。

 

慌てふためき、悩み、数ヶ月間あれこれ大騒ぎした。

詳しくは忍介通信に書いた通りなんだけど、

今にして思うのは、親が子どもの不登校の「原因」を考えているうちは、物事は良くならないんじゃないか、ということだ。

論理だけの話じゃない

何らかの「原因」があるから、子どもは学校に行かない。

この考えには「その原因が分かり、解決策があれば子どもは学校へ行くはずだ」という期待がある。

 

でも、多分ものごとはそんなに単純じゃない。

A=BB=C、ゆえにA=C

親がそう考える限り、子どもはどんどん本当の気持ちを話しにくくなるんじゃないか。

A=BB=C、ゆえにA=Cとシンプルに言えるくらいなら、きっと子どもの方もそう言うだろうし、そうじゃないから口も心も閉ざしている訳で。

もっと言うと、親がどれだけネガティブな反応を起こすか十分に分かっていながら、それでも子どもは勇気を奮って不登校という行動を選択している訳で。

不登校の原因は何か?

をどれだけ掘っても、そこから良いもの・温かいものは出てこないと思う。

家庭を安心安全の場にする

それよりも親がすべきことは、子どもの勇気ある不登校という選択を責めないこと。認めること。

「不登校」という行動で、子どもが何を訴えているのかに目を凝らし、子どもの気持ちを感じてみること。

そして学校はともかく、家庭という場を子どもにとって全力で安心安全の場にすること。

そういうことだと、僕は思う。

すぐには難しい。でも、

不登校を受け入れて、認められると、ラクになれる。

楽に至る道は、楽じゃないんだけど・・・。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
原因と解決策、という誤った連想



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。