ワンストライク!

ワンストライク!

なんだかんだで先週土曜日のセミナーに
ここ何ヶ月か焦点を合わせてきたから、
今ちょっとした虚脱気分を味わっている。

ウォーレン・バフェットのエピソード

ブログもこうして毎日書いていると、
どうしてもネタ切れの日も出てくるし、
毎日書くようにするとひとつ、
痛感することがある。

それはいかに自分が自分の頭を使って
考えていないかということだ。

そのことで思い出すのが、
世界一の投資家と言われる
ウォーレン・バフェットの若い頃の
エピソードのことだ。

とある投資家から
「なぜその銘柄を買ったのか」
と問われた若き日のバフェット。

自分の投資の師匠が買ったから、
と答えたところ、すかさず
「ワンストライク!」と言われてしまう。

「自分の頭で考えろ。
人が選んだから追随すると言う考えでは
そのうち三振するぞ」と。

バフェットはこれを
生涯の戒めにしているという。

個人的に投資や富豪のことには興味はない。
でもこのエピソードはとても印象的だ。

自分の頭で考える。
みんなが選んでいるから、という理由で
考えもなしに選んでいると三振する。

そういう意味で言えば、
僕の場合、人生たぶんツーストライクだ。
でもそう気づけたから良しとする。笑

息子のことでいいなと思うこと

実力派の中二病、忍介13歳。

思いっきりゲームやって、昼夜逆転。
走ると息が切れる病人のようで、
本のひとつも読みやしない。

でもひとつ彼のことでいいなと思うのは、
自分の頭で考えているように見えることだ。

大学に行って60歳まで働いて死ぬ人生

2018.12.04

かなりの偽悪も入っているんだろうけど、
誰かの借り物でない自分の言葉で
ものを考えるのはいい事だと思う。

自分の頭で考える。
みんなが選んでいるから、という理由で
考えもなしに選んでいると三振する。

心がけていきたいと思う。

でも、一方で…。

あんまり肩肘張りすぎず、

三振したっていいじゃないか、
にんげんだもの

って相田みつをになってみるのも、
時にはアリかも知れない、とも思う。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
ワンストライク!



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。