同じ話の違う教訓

時間の使い方に関する啓発本を読んでたら、
「大きな石を壺に入れる」
教授の話が出てきた。

以下ネタバレを含むので、
「大きな石を壺に入れる話」を
ご存知ない方は、まずこちらを是非。

大きな石を先に入れろ!

2018.05.14

時間の使い方に関する本だから、
さては例のたとえ話を使って
「大切なものから先に着手しなさい」
というオチになるんだろうな、
と思っていたら、、、

さにあらず!

今読んでいる本の中の「教授」は、
以前僕が紹介した話の時とは
別の結論を語っていた。

いわく、、、

私たちはこれ以上もうできない
と思うことがある。
でも実現しようと懸命になれば、
必ずまだ可能性が見つかるものだ、と。

ほう。
そう来たか。なるほど。

どの時点で「もう満杯だ」と思うか、
その観点では確かにそうだ。

大きい石だけで満杯だと思うか。
砂利が加わって満杯だと思うか。
水で満たされて満杯だと思うか。

まだどこかに入り込む余地がないか、
懸命に考えてみる。

同じ話から引き出される、違う教訓。
面白いものだなあ、と思う。

大きな石を壺に入れる話。

A)これ以上できないと考えず、
懸命になれば可能性は見出せる。

B)大切なものから先に入れないと、
人生は重要でないもので満杯になる。

個人的にはやっぱりB)の

「大切なものから先に入れないと、
人生は重要でないもので満杯になる。
だから大きな石を先に入れなさい」

と言う教授の方が、僕は好きだな。

あなたはいかがですか?

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。