学ぶのは人間だけの行為

Sponsored Link

 

iPadが届く

この4月に忍介が入学した通信制高校。
基本、授業はオンライン経由だ。

なのでタブレットかスマホは必須。

ということで、、、

彼のiPadを買って、昨日それが届いた。

今朝起きると忍介がそれを
自慢げに見せてくる。

「なんだろうね? コレを何回も
開け閉めするのが楽しいんだよね」

そう言いながら、新品のカバーを
パカパカ開けたり閉めたりしている。

不思議な気分だ。

タブレットを使って家で授業を受ける。

黒板も教室も鉛筆も、通学さえも無い。

時代、だよねえ。

なぜか以前から株に興味がある忍介。

「へえ。iPadには株価も出るんだねー。
ヒマな時に見てみよっかな?」と彼。

「うん、見てみたらいいと思うよ」と僕。

学びと学習の違い

昨日読んだ広木先生の本
『子どもは「育ちなおし」の名人』
の一節に、”学ぶと学習は違う”
とあったのが印象的だった。

自分が夢を持ってそのために勉強することを、専門用語では学びといい、それに対して学習というのは、自分の意思とは関係なく刺激に反応して、活動し行動が変容することです。だから、猿や鼠や昆虫は学習しますが、けっして学びません。学ぶのは人間だけの行為です。こうした専門用語に引きつけてみると、見捨てられ不安に追い立てられてやりたいことを抑圧し、自分の夢を探すことさえ忘れてただひたすら成績を、順位を上げるためにやってきた勉強は、いわば学習的な勉強だということです。わたしが、子どもたちの勉強に願うのは、それが学びであってほしいということです。

どうですか?

沁み入りませんか?

自分の意思とは関係なく、
刺激に反応して行動が変容するのが学習。

だから猿は学習するが、けっして学ばない。
学ぶのは人間だけの行為――。

願わくば

10代の頃に自分がやっていたのは
思い返せば、ほぼ学習だったなあ。

僕はマーケティングが好きなんだけど、
今は日々、マーケティングを
少しずつではあるけれど
学んでいるという実感はある。

通信制高校は3年間で74単位だっけ?

単位を取っていく必要がある。

それらが彼にとって学習ではなく、
少しでも何か、学びにつながって
いくものであればなあ、と。

願わくば…。

ピッカピカのiPadを見ながら思った、
そんな春の朝だった。

今日もステイ・ホームで、良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。