「やめる練習」が足りてない

「やめる練習」がたりてない
Sponsored Link

 

前にも書いたことだけど、
僕は新卒で入った会社を4年で辞めた。
そのあと3社に転職して、辞めた。

たぶん、この世代の人間としては
会社を辞めた回数は多い方だと思う。

ただ、毎回辞めるのはキツかった。

私がこの本を読んで「そうだよな、学びたいな」と思ったところは、いくつかありました。

1つ目は、タイトルの通り、日本人は我慢する練習、理不尽に耐える練習ばかりしているけど、部活や会社を辞めること、失敗することに慣れておいたほうがいいんじゃない?という話。

 

  • 我慢する練習、理不尽に耐える練習ばかりしている
  • 失敗することに慣れておいたほうがいい

 

なにもかも教育や学校のせいとは言わない。

でもやめる練習や失敗に慣れることは
やっぱり僕らには足りてないことだと思う。

そうじゃないように仕向けられてきた。

部活にせよ、受験勉強にせよ、
毎日学校というものに、通うことにせよ。

もうひとつ。

日本人は丁寧にならざるを得ないのだ、
という指摘も良かった。

どういうことか?

丁寧にならざるを得ない。なぜなら
そうしないと「怒る」人が多いからだ、と。

これも、本当にそうだよなあ、と。

「いらっしゃいませ」

と、どんな人でも日本では必ず言われる。

でも思い起こしてみたいのだけど、
例えば海外のマクドナルドなんかだと、
全然そうじゃなかったりする。

カウンターでメニューを見てると
不機嫌そうな顔した店員が黙ったまま

「あん?なんか注文すんの、あんた?」

みたいな表情を普通にしてたりする。

でも店員が「いらっしゃいませ」も言わず
そんな態度をとっていると、日本では
間違いなくみんな腹の中で怒るよな……。

そんなこんなを思った記事だった。

もう何十冊も積ん読が極まっているので、
僕は今回この本は読まない。

もしご興味あればぜひ。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
「やめる練習」がたりてない



不登校日記|僕らの場合

不登校に悩む間、自分の両親に宛てて18通のメールを書きました。息子が不登校になって、経過を説明するために書き始めた「忍介通信」。当時の状況と心境を率直に綴った生々しい記録です。ぜひ、読んでみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。