ホント、大人って好きだよね

Sponsored Link

 

見透かされてるのは大人だなあ、
とつくづく思った。

不登校新聞5月15日号、
ライター・堀越秀美さんの記事に出てくる
文科省の調査の話だ。

堀越さんの娘さんが小学校5年生のとき、
文科省のアンケートに答える機会があった。

その設問のひとつが、
「普段どれくらいメディアに触れているか」
というものだ。

尋ねていたのは以下の2つの時間だという。

  1. 読書をしている時間
  2. TV・ビデオ・DVDを見たり、ゲームやネットをしている時間

結構、あからさまだ。笑

娘も、このアンケートの意図は「デジタルメディアに長時間ふれちゃダメということだな」とわかっていました。読書の時間を長めに答えるなどして、「クラスのみんなが嘘を書いていた」と言っていましたから(笑)。

アイタタタ!

って、この設問を作った人なら
きっと思ったんじゃないだろうか?

これは、自戒を込めて言うのだけど、、、

ホント、大人って好きだよね。

読書する子どもが。
積極的に学ぶ子どもが。
夢を持っている子どもが。

そうじゃなきゃいけないのかよ、って思う。
そうじゃなくたって、別にいいじゃないか。

読書しない子ども。
積極的に学ばない子ども。
夢を持っていない子ども。

その子たちの何が悪い?

大人がちょこざいな「ジャッジ」を
いちいち色々細かく入れてるから、
色んなことがうまく行かないんじゃないか?

と珍しく強め・かつ非論理的に書いてみた。

しかしまあ――我ながら変わったなと思う。

以前はちょこざいなジャッジだらけだった。
こうなれたのもひとえに、忍介のおかげだ。

全然まとまりのない文章で恐縮ですが、笑
今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。