不登校やひきこもりは弱さの現れではない

不登校やひきこもりは弱さの現れではない
Sponsored Link

 

不登校生たちの、不登校生たちによる映画、
「円(まどか)〜CHNGE my life〜」
上映とトークの会。

昨日、開催した。
当日ドタ参加の方も含め、おかげさまで
定員いっぱいの会になった。

嬉しいコメントも沢山いただいた。

時間をとって別途、
イベントのレポートをあげたいと思う。
今日は取り急ぎ、
個人的に感じたアレコレを紹介。

ほぼ映画製作未経験の
不登校経験者たちが作った映画だ。

「不登校」「家族」「先生」「友達」
それぞれの視点から不登校を伝える内容で、
キャストもスタッフも全て不登校生や
不登校経験者、保護者、支援者たちだ。

主人公の永瀬円(まどか)が
学校に行けなくなってから、
自分の夢に出会い
希望を取り戻すまでを描いている。

僕が観たのは2回目だ。

最初のときはどうしても
ストーリーを追うことに
意識が向いてしまうのだけど、

今回は余裕があったぶん、
色々気づいた点があった。

  • カメラワークが潔くて新鮮
  • エピソードの重ね方が丁寧かつ必要十分
  • BGMが少ないぶん、かなり効果的に響く

観る側の感情曲線がきちんと
計算されているなあ、と改めて感じた。

ただ、何よりもこの映画を
この映画たらしめているのは、
やっぱりキャストとスタッフみんなが
不登校に関係した人であることだと思う。

トークの会でプロデューサーの美空さんが
言っていたことだけど、

「演技をすることで、
人の気持ちになって考えることができる」

という部分は、出演者たちにとって
きっと大きなことだったろうなあ、と。

そして、

「不登校やひきこもりは
弱さの現れではない」

「映画を作っているときの
みんなのエネルギー量はすごく高かった」

という美空さんの言葉も響いた。

次回上映予定は未定だそうだけど、
機会があれば是非一度、
観ていただければと思っての、
個人的なレポでした。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
不登校やひきこもりは弱さの現れではない



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。