別に悪いことをしているわけじゃない

Sponsored Link

 

幸いなことに。

顔出し実名で発信を始めて3年。
これまで特に嫌な目にあったことはない。

始める前はネットで目立ったことをすれば

「調子に乗ってんじゃねーぞゴルァ!」

というリアクションがそれこそ
わんさか投げつけられるんじゃないかと、
実は猛烈に警戒してた。

だけどいざ始めてみたら――、

いかに自分たちが世間から
注目され「ない」かが、
よおぉぉーーーーくわかった。

注目集められたら、それはもはや奇跡だ。

それで今は安心して
マリオとルイージになっている。

こんな感じで↓↓↓

でも、こうやっておバカな姿に
なっているのには一応、理由がある。

それを思い出させてもらえた記事だった。

母親同士で不登校の悩みを話せる
「ママカフェ」
を運営している佐原智子さんの記事だ。

息子さんが3年前不登校になったとき。

佐原さんが一番辛かったのは
身近に理解者がいないことだったという。

そして僕にはココが猛烈に「ツボ」だった。

情報共有の場を求め、交流会に参加したこともあったが「雰囲気が暗かった。別に悪いことはしてないし、もう少し明るくても良いのになって」。不登校をポジティブに捉えて、親子で前向きに進めるような場がほしいと、自身で立ち上げることにした。

そうなのだ。

別に悪いことをしているわけじゃない。
不登校の話は、もっと明るくしてもいい。

ポジティブに捉えて前向きに。

それは、びーんずネットの活動の、
結構根底にある思いだ。

だからあえて、記念撮影の時は
マリオとルイージになる。

「真面目な話を明るく楽しく」
「まず、親が幸せになる」
「親が楽しく学べる場、気づきの場」

それがびーんずネットの
モットーやスローガンだ。
言葉通りの雰囲気で行きたい。

という次第で。

おバカなコスプレは「あえて」なんです。
意識してやってるんですよ。

という弁明をさせていただきました。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。