何を感じるかはあなた次第

Sponsored Link

 

花に雪となった昨日。

『雲の向こうはいつも青空』
第3号の発送作業をした。

雪も上がった15時頃、終了して投函した。

作業をしながらあれこれ想像する。
この冊子を読んだ方は
どんなふうに感じるんだろう?

もちろん、何を感じるかは人それぞれだ。

そして毎回、これは声を大にして
強調したい点なのだけど――。

この冊子には特定の結論も
明確なアドバイスもない。

あるのは登場いただいた7人の方の
等身大の言葉と思いだけだ。

ここから何を感じるか?

それはあなた次第だ。

不登校の悩みから自由になる、
そのためにはどうすればいいのか?

それをあなたと一緒に考えていきたい。
この冊子はそのためのひとつの材料だ。

15歳、学校へ行かない選択をした
子どもを持つ「現在進行形」の親として。
僕たち夫婦はこのインタビュー事例集を
作り続ている。

と、ガラにもなく演説カマしてしまった…。

あんまりカッコよく語ると
ボロが出そうなんで、、、
この辺りでやめときます。笑

今日も良い1日を。

P.S.
あなたはここから何を感じますか?
ぜひあなたの声を聞かせてください。
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol3/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。