iPadで教科書開きながらゲームで銀行強盗

Sponsored Link

 

多分、明け方に早起きしたのだろう。

朝起きると忍介がリビングにいて、
ゲームをしながらサイドテーブルに乗せた
iPadを横目で見ている。

見ると、iPadで開いているのは
古文の教科書だ。

へえ。遂に「お勉強」してるのか。
まあ、ああ見えて一応、高校一年生だしね。

「おはよう。何読んでるの?」

聞くと、伊勢物語だという。

「お父さん、伊勢物語読んだことある?」

「んー、ないかな。どんな話だっけ?」

「昔あるところに男がいてさ、
好きな女の子が結婚しちゃったんだよね。
でも忘れられなくて切ねー、って話」

「ふうん…って忍介、古文読めてるの?」

「いや、まあ、全部訳を読んでるからさ。
それにしても、なんで昔ってさ、
ナリニケリとか言っちゃってんの?」

「そういうもんだったんだよ。
昔の人が文字に書く場合にはさ」

そう答えたんだけど、
なぜ書き言葉はそうだったんだろう?

シンプルな質問は時に深くて答えられない。

にしても――。

さわやかな朝日がのぼる午前5時30分。

「おうら、制圧したぞ!手を挙げろゴラァ」

突然忍介が画面に向かってドヤ顔で言う。
見ると例によって例のごとく、
飽きずにこれまた銀行強盗をしている。

なんともはや、滅茶苦茶シュールな図だ。笑

  • 板書をノートに書き写す
  • 古文は未然形だの連用形だの暗唱

そんな昭和世代の常識は、忍介にはない。
iPadで教科書開いて、ゲームで銀行強盗だ。

ゴールデンウィークもどこ吹く風。
おこもり王子は文字通り一歩も外に出ない。
まさにコロナ時代の超優等生。

そして画面の中のカリフォルニアを
バイクで疾走する。

予想通り、それ以降は一向に
古文に戻る気配はなかった、

…のであった。笑

そっちの方が平和かもね。彼の場合は。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。