悪く言う代わりにお見舞いのメッセージを

Sponsored Link

 

テレビは見ない。ニュースは見ない。

嫌な気持ちになるだけだから。

それでも、やっぱり色々目に入ってくる。
感染者数が何人、アラートが云々。

そして事実上、マスク着用は「強制」だ。

いや、僕もしてますよ、マスク。嫌だけど。

それにつけても。

新しい生活様式だかなんだか知らんけどさ、
コレ永遠にみんな続けるつもりなのかな?

それともワクチンできるまでの話かな?
果たしてそんな特効薬ってできるのかな?
できたとしても、また新手のウィルスは
いつか出てくるんじゃないのかな?

そういう素朴な疑問には誰も
ちゃんと答えてくれてないように見える。

そして子どもたちは多分、意味もわからず
ニューノーマルとやらを強要されている。

と言ったら言い過ぎだろうか?

7月15日号の不登校新聞記事。

自閉症スペクトラムの息子
安心してすごすために

感覚過敏の子どもを持つ
母親の質問を受けての、
児童精神科医の高岡健先生の回答だ。

個人的に高岡先生の最後の言葉が
ものすごく良かった。

そのことも関連しますが、とても大事な点として、「ルールを守らない人を勝手に叱ってはいけない」「感染症にかかった人を悪く言ってはいけない」という倫理を、真剣に考える必要があります。前者は、子どもの仕事ではなく先生の仕事です。後者については、悪く言う代わりに、お見舞いのメッセージを伝える方法をいっしょに考えるべきでしょう。

勝手に叱ってはいけない。
感染した人を悪く言ってはいけない。

これ、大人が胸に手を当ててしっかり、
受け止めた方がいいことじゃないだろうか?

今、あまりにも万事が殺伐としている。

悪く言う代わりにお見舞いのメッセージを。

毎日毎日雨で憂鬱ですが、
今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。