カセットテープ・ダイアリーズ

Sponsored Link

 

カセットテープには
実はあんまりいい思い出がない。

繰り返し聞くと伸びる。
ひっからまって大変なことになる。
好きな曲を聴くためには、巻き戻したり
早送りしたりする必要がある。

忍介の世代にはまったく理解できない
ローテクなアイテムだと思う。

でも、この映画を見たら
「ああ、カセットテープで聞きたいなあ」
と思った。

映画「カセットテープ・ダイアリーズ」を
観てのことだ。

1987年のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく姿を、爽やかに描いた珠玉の青春音楽映画がイギリスからやってきた!

そんなふうに言われて、
観に行かないでいられるだろうか?

もともと。

ブルース・スプリングスティーンの
「涙のサンダーロード」や
「明日なき暴走」は、普通に聞いても
毎回涙が出てしまうタイプだ。

映画館のドルビーサウンドで、
ミュージカルよろしく
主人公たちの思いを乗せて
「ボス」にあの声で歌われたら
泣くこと必至、と思っていた。

結果、どうだったか?

もう何回泣いたか、記憶がない。笑

とっても良い映画だった。

踊るマハラジャみたいな保守的な父親も、
80年代あるあるの
シンディローパーみたいなガールフレンドも
とても良かった。
移民や差別のことも、リアルでグッと来た。

聖地巡礼して父親と決別でお終い、と
とストーリーを先読みしていたのだけど、
読みの上を行くラストの展開も良かった。

「珠玉の青春音楽映画」

とは正に、言い得て妙だ。

もしあなたがそういうのが好きなら、
この映画、絶賛大推薦です!

ああ、もう一回観たいなー。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。