安心して鼻歌を歌えること

安心して鼻歌を歌えること
Sponsored Link

 

朝6時。起きると忍介がリビングにいる。
何時に起きたのかと聞くと3時だと言う。

そしてソファで
スマホを見ながら鼻歌を歌っている。

そんな朝の6時。
こうしてブログを書いている。
14歳中三男子が
鼻歌を歌っているのを聞きながら。

小さなことだけど、、、
結構これって、幸せなことだよなあと思う。

あとどれだけ忍介がこの家にいるのか?

僕は18歳で実家を出た。
忍介もそうなら、あと4年だ。

家にこもってようが、
進路が未定だろうが、なんだろうが、
彼がこうして心から安心して
鼻歌を歌えていれば、それでいい。

一番いけないのは
お腹が空いていることと、一人でいること。

とは、
映画「サマーウォーズ」の中の名言だった。

そのあとに

大切なのは、安心して鼻歌を歌えること。

と、付け加えたい気がした。

いや、やっぱり蛇足だな。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
安心して鼻歌を歌えること



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。