14歳中三男子の可愛い言い間違い

14歳中三男子の可愛い言い間違い
Sponsored Link

 

14歳中三男子の忍介は、おうち大好きの
自称「明るいひきこもり」だ。

とにかく人に教えてもらうのが大嫌いだ。

学校は小学校三年生で辞めた。

テストも先生も授業もない
デモクラティックスクールに5年通った後、
今年からは自宅警備員として日々
夜勤ゲームに励んでいる。

他の教科には全く興味がないんだけど、
なぜか数学だけはやる必要がある、
という思い込みがあるらしく――。

教科書と、教科書ガイドで自習している。

そしてこのほど、
中学一年の数学を修了した、と言っていた。

たとえ中学一年生のものであれ。

まったくの自習で最後までやり通したのは、
なかなかのものだなあ、と思った。

ハイ、完全な親バカです。笑

忍介は昔から言葉遣いが独特で面白い。

・戦争軍隊(軍隊のこと)
・警察たち(なぜか警察には”達”がつく)
・トヨタ会社(トヨタ自動車のこと)

なんていうのが小学生の頃の
いっぷう変わった言葉遣いだったのだけど、
最近面白いのはこんな言い間違いだ。

・深夜逆転(昼夜逆転のこと)
・**ちかり、**ちかり(然りのこと)
・生活があらむ(荒むのこと)

「僕みたいに生活があらんでるとさ」

なんて14歳中三男子が言うのは、
かなり可愛い。

すさむよりも「あらむ」の方が、なんだか
日本語としてむしろ的確なんじゃないか、
という気さえしてくる。

まあ、その我が道を行き給え、
というのが今の気分だ。

え?

もしかして今日は――ただの親バカ?

ハイ、その通りです!笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
14歳中三男子の可愛い言い間違い



不登校日記|僕らの場合

不登校に悩む間、自分の両親に宛てて18通のメールを書きました。息子が不登校になって、経過を説明するために書き始めた「忍介通信」。当時の状況と心境を率直に綴った生々しい記録です。ぜひ、読んでみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。