読書感想文の書き方

Sponsored Link

 

このブログを読む人で、どれくらいの人が
読書感想文を書くのに困っている子の親か、
まったくわからないけど、、、

これはとっても良い!と思った。

ズバリ、読書感想文のテンプレートだ。

話題になったプリントは、「読書感想文の組み立て」を4パーツで紹介しています。

「本をえらんだわけ」
「あらすじ」
「こころにのこったところ」
「じぶんだったらどうするか」

それぞれのパーツには、丁寧に具体的な文例も載っています。例えば、「本をえらんだわけ」の文例では、「『本のだいめいがふしぎだったから』とか、『ひょうしのえがかっこよかったから』などのわけをかくとよいです」。

ヒントを元にメモをしていけば、自然と文の構成ができているというものです。

思い返せば、確かに読書感想文ってさ、
何書けばいいかわからなかったよな、と。

僕は文章を書くのも、
本を読むのも昔から好きだった。
(まあ、今もそうだ)

でも「読書感想文」と言われると途端に
「なんだかなあ」と思ったのを覚えている。

「いかにも子どもらしい、素直で
純朴な感想が大人は欲しいんだろうな」

そう思って、大人が期待する子ども像に
のっとって、無邪気なふりして書いた。

戦争の悲劇を扱った本なら
「絶対に二度と戦争は
してはいけないと思いました」
と書いた。

そう書かないと許されない空気もあった。
(懐かしの戦後民主主義)

今はどうなんだろう?

って話が逸れてるな。

「本をえらんだわけ」
「あらすじ」
「こころにのこったところ」
「じぶんだったらどうするか」

このブログでは読んだ本の紹介も
日々いっぱいしてるけど、
こういうテンプレートで書いてみたら、
きっといい感想になる気がする。

次回、やってみる?

んー、

やっぱりこのブログでは
好きにやらせてもらいたいかな。

と、紹介しといて自分は使わないという、
ワガママぶりを発揮しつつ。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。