15歳おこもり男子喜ぶ

Sponsored Link

 

マスクが大嫌いだ。

なので、借りているオフィスには行かず、
ステイホームな生活を続けている。

我が家のおこもり高校生は今週、
レポート提出があるらしく。
僕が家にいるので、やたらと質問してくる。

昨日はbe動詞を教えた。

「そもそもなんでdoとisがあるの?」

もうね、悪いけどそこ
スルーしてくれないかな?

「そういうものなの」

という一番頭の悪い答え方を日々している。

合間の雑談。

先日の高校一年生の拳銃自殺について、
同い年の忍介が中二病全開なことを言う。
いわく、死にたいなら別に死ねばいい、と。

お昼になる。

ダメ元で「ラーメン食べに行こう」と誘うと
なんと!一緒に行くと言う。

二人で食べに出た。

僕はラーメン。
忍介はラーメン&チャーハン。
それが彼には衝撃の美味しさだったらしく。

「美味しい美味しい」
と実に幸せそうに食べていた。

「いいもんだろ? 外で食べるのも?」
すかさず聞いてみる。

「最高だね」と忍介。

「今まで外で食べようって誘ってもさ、
忍介、家でカップ麺がいいって言ったよね?
一人で家で食べてたよね? お父さんが
この店で美味しくコレを食べてる時にもさ」

「まったく馬鹿以外の何物でもなかったね」
15歳おこもり男子が答える。

中二病は、別にいい。

外で美味しいものを食べる、
その楽しさを知ってくれれば。

何しろうちの若様はおこもりが結構長い。
なのでこちらの嬉しさのハードルも低い。

帰りに立ち寄ったスーパーは、
忍介には初めての店だった。

自分の好みのジュースの値段が
他よりも断然安かったらしく。

「このスーパー超安いね、最高じゃん」
と興奮していた。

そう、外の世界は色々あるし、
日々もろもろ動いているんだぞ、少年。

少しずつ、、、外にも出ようね。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。