まさに最前線で接している

Sponsored Link

 

不登校の子を持つ保護者の悩みを日々、
LINEで受け付けている。

その名も「お母さんのほけんしつ」。

相談は無料で、日曜日以外は対応している。
その数、年間400人以上だという。

その上、フリースクールを2件運営して、
ホームスクールの家庭訪問も行っている。

NPO法人キーデザイン
代表の土橋優平さんのことだ。

NPO法人キーデザイン・代表 土橋優平さん

昨日はその土橋さんをゲストに迎えての
来週土曜日のセミナーの打合せをした。

その打合せが終わったあとにナント!

こんな記事を見つけた。

キーデザインがLINE相談の窓口を、
学校の先生向けにも開設したとのこと。

名付けて「先生のほけんしつ」。

先生の不登校対応の悩みにも対応する。

いや、もう、冗談抜きで土橋さんには
影武者がいるとしか思えない。笑

本当にお身体大事にしてほしい、
と願いつつ――。

不登校の悩みを抱える保護者と、
学校な苦手な子どもたちと日々、
まさに最前線で接している。

これからは学校の先生にも寄り添う。

そんな土橋さん、本当に素敵な方です!

直接話したり、質問できる機会なので、
来週28日10時、都合が合う方はぜひ。

一緒にお子さんの
「これから」を考えていきましょう。

お申し込みはこちらから↓

当日参加の方には素敵な
プレゼント企画もありますよ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。