失敗しないが普通、ではダメ

あなたが最近、
仕事で失敗したのはいつのことですか?
昨日? 先月? 去年?

いや、かれこれ3年くらいは
失敗したことなんてないぜ。
もしかしたらそんな人もいるかも知れない。

仕事という名の辞書には基本、
失敗の文字はない。

もし失敗してしまったら、
早急かつ適切にリカバーし、
原因を調べ必要な対策を講じる。

そうですよね?

思い返せば20代の頃は
それこそ色んなことを「やらかした」。

しまった!と思った時には遅かったこと、
申し訳ございませんとひたすら謝ったこと、
こっぴどく叱られて
始末書を書かされたこと――。

こんな自慢をしても仕方ないのだけど、
その数の多さでは僕はちょっと
人に負けない自信がある。

でも30歳を過ぎ、
気がつけば日陰の雪が溶けているように
失敗すること自体が減り、
いつしか失敗の文字がないのが
デフォルトになり…という人は多いと思う。

だから、
この記事はとても刺さった。

およそきっと、若い頃は、こうした「一方的に何かを教えられる」という経験に事欠かない。
ところが、である。大体30歳前後になってくると、多くの場合、こうやって純粋に何かを「教えられる」という経験が減り、逆に「教える」という立場が多くなる。
これは、非常に危険である。
一方的に教えてもらうときの、あの感覚。

「自分がとても無力に感じる」
「猫のようにごろにゃーんとお腹をみせて無防備にする」
「なんでもまずはスポンジのように吸収しようと謙虚になる」
「そもそも、めっちゃ緊張する」
「自分が上手くできるかどうか、不安になる」

こういう感じを、忘れてしまうのだ。

30代後半、社会人も長くなり、仕事で途方に暮れることが比較的少なくなると、こうした「無力感」を感じる機会が少なくなってくる。

もちろん、そのほうが楽だし、仕事で失敗はできないから仕方がない部分もある。

だが、同時に貴重な能力である、「学ぶ能力」も低下してしまう。
意識して「教えてもらう側」に回り続けないと、教えてもらうのが下手になってしまうのだ。

身につまされる話ではないだろうか?

意識して教えてもらう側にいないと、
学びがどんどん下手になっていく。
これは本当にその通りだなあと思う。

「できること」「うまくやれること」だけをやっていると、この勘が鈍ってくる。
「失敗しないが普通」ではダメなのだ。

仕事で失敗することは
そんなにあっちゃいけない。

でも筆者が言うように、意識して
生活の中に新しい試みを取り入れることで、
失敗しながら教わっていく、
という経験をすることはできる。

歳を重ねると良いこともあるけど、
同時に錆びついていく部分も多い。

初心忘るべからずというか、
ゴツゴツ色んなところをぶつけながら、
ラクをしないで学ぶ姿勢を持ち続けたい。
そう思う。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。