疲れているけど嬉しい

Sponsored Link

 

疲れている。

いつもだいたい朝は4時台に起きる。
昨日も今日も目が覚めたのは6時半だった。

昨日の午後は鍼に行った。

普段は脚を中心にほぐしてもらう。
だけど眼精疲労で首の後ろがバキバキだ。
そっちも診てもらって、だいぶ楽になった。

その前、午前中はDMの封入作業をした。
量が多すぎて結局終わらなかったけど、
なんと!忍介が自発的にノーギャラで
手伝ってくれた。

よもやま話しながら2人で作業をする。

驚いたのは、意外にも起業家になれそうな
ビジネスマインドを持っていることだ。

アメリカで働くことに興味がある、とも。
be動詞もわかってないのに勇敢だぜ。笑

何かの流れで僕自身の話になった。

これまでやってきた仕事のこと、
今やっているびーんずネットのこと。

「楽しそうだよね、お父さんとお母さん」

何が嬉しいって、
息子にそう見えていることだ。

夫婦で大いにモメているところも
実際何度も見てるハズだけど、、、

全体的にそう感じてるなら上々だ。

何が言いたいか?

疲れているけど嬉しい、ということだ。

さあ、がんばろうぜ!
(byエレファントカシマシ)

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。