22世紀に届く世代

22世紀に届く世代
Sponsored Link

 

ちょっと前の記事だけど。

越谷レイクタウン駅に貼り出された
「きっぷってなに?」というポスター。

その名の通り切符とは、を説明したものだ。

・当駅から乗車する際のみ利用可能

・購入した当日のみ利用可能

・途中駅での下車は出来ません(下車する場合、差額分は収受し過剰分はお返ししません)

今の時代、ほぼみんなICカードだと思う。
確かに切符なんてもう買わない。

だから若い子たちが「きっぷってなに?」
という疑問を持つのももっともだと思う。

もっともだと思いつつ、、、

駅員さんがカチャカチャ切符に鋏を
入れてたのを知ってる昭和生まれの
20th Century Boyとしては、笑

なんかとんでもなく歳を取った気分もする。

考えてみれば――。

22世紀って遙か遠い未来じゃないですか。
少なくとも、感覚的には。

でも例えば今年2019年に生まれた子。
日本人の平均寿命83.98 歳を
生きるとするならば、だ。

この子たちは22世紀をその目で見るのだ。

22世紀につながる子たちなのだ。
そう考えるとすごくないですか?

え?
考えればわかる、当たり前のことだろって?

あなた、なかなかハードボイルドですね。笑

僕はそう思い至ると、
けっこう感慨深かったです。

ああ、こうして連綿と続いてきたんだし、
続いていくんだなあ、と。

そして――あんまり色んなものを先送りして
この子たちに押し付けちゃいけない、
と思った次第。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
22世紀に届く世代



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • いつも読んでます。
    とても励まされております。
    先日のイベントも参加しました。
    とても温かい会でした。
    たくさん書きたいことがあるのですが、こどもたちの二学期対応に追われ、あまりに心が揺れすぎて折れかかってます。
    金子さんご夫妻や、蓑田さん、米澤さんのように、心配を手放して抱きしめられるようになれたらいいのに。
    トンネルの中で泣き叫ぶこともできず、立ち尽くしている、そんな状況です。

    会の後、遠方からだったため、帰りを急ぐあまり冊子を購入し忘れました。
    落ち着いて購入して見ようと思っています。

    不登校、こんなにたくさんいるのに、なぜか自分の立ち位置に戻ると圧倒的に少数です。
    孤独です。

    • 植田さん、ブログへのコメントありがとうございます。
      セミナーにもご来場いただき、ありがとうございます。

      大人数のイベントだったので、お一人お一人ご挨拶することもできず、失礼しました。

      セミナーのようにしっかりテーマを設けて考える場とは別に、もっと気楽な少人数の会を10月あたりに開こうかと夫婦で話しています(詳細は決まり次第、お知らせします)。
      もしよろしければこういう場にも是非いかがでしょうか?

      僕らも今でこそこんなですが、渦中にあるときは孤独でした。つながることの大切さを感じて今、この活動をしています。

      ※ちなみに冊子のお求めはこちらからできます。よろしければぜひ。
      https://beansnet.thebase.in/

      いつもお読みいただき、ありがとうございます。
      時々書くのが億劫になるのですが、こうしてコメントをいただけると物凄く嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。