オサレなだけじゃん

Sponsored Link

 

以前仕事で関わったことのあるブランドの
インスタグラムをたまたま見た。

僕はインスタを見ない。

なので、なんていうのかな、
相場観というか。それがわからない。

ただ、そのアカウントの写真がどれも相当に
スタイリッシュであることはわかった。

って書くと、
ずいぶん上から目線でアレだけど、
でもまあ実際、そう思った。

思いつつも――。

オサレなだけじゃん、
とも思った。意地悪く。

いや、オサレは大事だよ。
見せ方すごく大事。
誤解を恐れず言えば、ダサいことは
ブランドにとっては、罪ですらある。

けれどもそのアカウントは、オサレの他には
気持ちいいくらい何もなかった。

ただ単にひたすら上っ面で
自分たちをスタイリッシュに
見せたがっているだけだった。

流し目で、唇に赤い薔薇くわえて
ポーズ決めてる人みたいで、痛かった。

と、我ながら今日はずいぶん、手厳しい。笑

なんだろうな。

マイナスな感情を掻き立てる
スタイリッシュさってのもあるんだな、と。
なまじ関わりがあったからこその嫌悪かな?

スミマセン、これ読んでも全然
共感できる人いないだろうとは思いつつ…。

なんだか書かずにはいられなかった。

「黒い心の奥底をたまには披露」

の金子純一ネガティブ編、これにて終了!

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。