夢の話の続き

Sponsored Link

 

しょーもない夢の話を書いたら、
思いがけず!

真面目に心配してくださる方がいて、
嬉しいやら、申し訳ないやら。

ご心配いただき、ありがとうございました。

昨日の記事の話だ。

鏡を見ると

2020.12.13

確かに一晩でアルシンドに変身、
はインパクトが大きかったかも知れない。
僕も少なからずは焦った。

でも忍介が言うように、ならば全部、
髪を短くしよう、とさっさと切り替えた。

夢の中で僕が一番もどかしかったのは、
写真がうまく撮れていないことだった。

きっとそこに何かあるんだろうな。

自分が一夜でアルシンドになったのは、
一旦、受け取った。
そこは短髪丸刈りにすると決めた。

ただ、その状況を説明したい。
それがうまくいかない。
そのことがストレスだった。

とかなんとか、あれこれ思って、
今朝も起きたら真っ先に
頭のてっぺんを確認した。

それにつけても。

夢の中ではあるけれど、
忍介の対応はなかなかだったと思う。
あれはいかにも
彼が言いそうな言葉だったなあ。

さて。

私は一体何を言いたいんだろう?

不登校の話はどこだ?笑

着地点をしっかり決めてから
書いた方がいいですね……。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • 頭のてっぺん=それまで自分をコントロールしてきた部分(価値観とか?)、その一番お高い部分かも。
    そこが、なくなった(劇的に変化した?)

    なのに、奥さまは、さほど驚かない。あらま、程度。
    忍介くんも、もういっそ、すっきりしたら、と変化を歓迎。ここも面白いです。

    それまでの仲間、社会にどう説明しよう。でも隠さない(結婚式で仲間に会う)
    写真がうまく撮れない ー> 変化は確実ではない、簡単ではない? なかなかとれない(抵抗?)
    家庭では変化して、世間ではまだ変化できない?どう変化したら良いのかイメージがもてない?

    変身、脱皮、喪失なんかがテーマなんでしょうか。

    象徴的なイメージが豊かな、いい夢ではないでしょうか。
    (いわゆる 夢の仕事 がなされている感じがします)

    • 田中先生、素晴らしい考察をありがとうございます。
      自分でも意外なくらい、髪が薄くなったそのことよりも、その状況をうまく伝えられないことに戸惑ってたように思います。
      きっと先生にお書きいただいたようなことが、潜在意識にあるのかも知れないなあなと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。