日常のありがたみ

日常生活のありがたみ
Sponsored Link

 

台風から一夜明けて。

大変ありがたいことに、
朝方4時頃には停電も復旧した。

今こうして窓を開け、
さわやかな空気の中でブログを書いている。

昨日は終日、窓を閉め切って家にこもった。
息が詰まったし、
おまけに21時過ぎから停電にもなった。

なんでもない日常のありがたみを
噛み締めている。

外に出ないと息が詰まる僕と違って、
14歳の自称「明るいひきこもり」にとって
終日家にこもるのは、なんてことない。

停電になると、逆に
テンションが上がってはしゃいでいた。

まあ、たぶん人生初の出来事だろうからね。

でも停電のせいでゲームもできない、
WiFiもつながらない、ランタンの光だけで
何もすることがない状況には
早々に飽きてしまい…。

「寝るわ」
と言って早々にベッドに行ってしまった。
うちの奥さんも同じく寝てしまう。

僕は昼間っから飲んで
たんまり昼寝したので、逆に夜眠れない。

仕方がないので暗闇の中ワインを飲みながら
次号のびーんずネットのニュースレター
「豆マメ通信」の原稿を読み返した。

ろうそくの光の下では、
なんだかすべてが呪術チックだ。

のどかなで平和な「豆マメ通信」が、
大政奉還前夜に下された
討幕の密勅かなんかみたいに見えてくる。

そんなこんなの夜。

なんでもない日常のありがたさを、
あらためて思い知った夜だった。

浸水など大変な被害に遭われた方々が、
一日でも早く平穏な生活に戻れますように。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
日常生活のありがたみ



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。