前の席に行くその前に

Sponsored Link

 

ラーメンを食べに出ようと
忍介を誘ってみた。

以前、彼が気に入ったお店だ。

15歳おこもり男子喜ぶ

2020.06.18

食べ終わって、寄り道せずにまっすぐ帰る。

家の玄関に入るなり15歳が言う。

「あー、やっぱ家が落ち着くなー」

おいおい、たかだか1時間も経ってない、
一体どんだけおうちが好きなんだよ!

と48歳のおっさんとしては思う。

思いながらも。

ここが好き、というのは
決して悪いことでもないかもね。

スヌーピーの飼い主、
あのチャーリー・ブラウンは言っている。

安心っていうのは車の後部座席で眠ることさ。前の席には両親がいて、心配事はなにもない。

まさに、忍介にとっては
ここが車の後部座席なのかな?

チャーリーの言葉には続きがある。

でもね、ある時、その安心は消え去ってしまうんだ。君が前の席にいかなきゃならなくなるんだよ。そしてもういない両親の代わりに、君が誰かを安心させる側になるんだ。

前の席に行くその前に――。

安心して眠ってちょーだいな。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。