好きにしなはれ

Sponsored Link

 

我が家は滅多にテレビを見ない。

なので、リビングのテレビが
15歳プチこもりびとがゲームをする際の
モニターになっている。

彼の自室は実質、
寝るためだけのスペースだ。

まあ、自室に引っ込んでゲームするより、
顔が見えるからリビングでやる方がいい。

ずっとそう思って来たのだけど、、、

忍介が夜中に友達と
LINEで話しながらゲームをする。

僕らの寝室はリビングの隣なので、
その声がうるさくて目が覚めてしまう。

ここのところ、あまりにも
その頻度が高いので彼にお願いした。

リビングではなく、忍介の部屋で
ゲームをやる環境を整えてくれないか、と。

彼も別にリビングでやることに
こだわっているわけではない。

なので、早速色々調べて、
モニターだの机だの、
買いたいものをリストアップしてきた。

アマゾンであれこれ、
レビューを見まくって忍介が選んだ。

その机が昨日届いた。
安い分、組み立てる必要があるものだ

組み立て一人で大丈夫かな?

とチラッと思った。でも放っておいた。

気がつけば一人でガサゴソ作っていて、
しばらくしたら
「お父さん、見て見て」
と忍介が言ってくる。

見ると立派な机ができていた。

袖机もあるし、机上に便利な棚もある。
とても機能的だし、安い割には
結構スタイリッシュだ。

好きなことで、欲しいと自分が選んだもの。

それは夢中になって作る。
組み立てを面倒がることもない。

買いたいモニターの候補も
iPadで商品ページを見せながら
忍介が僕にあれこれ説明してくれる。

彼は価格に人一倍敏感なタイプだ。

このモデルはコスパ良さげだけど、
レビューの評価が両極端でちょっと不安。
こっちは評価が高いのはいいんだけど、
価格と機能のバランスが……云々。

いいよ、好きなの買いなよ。

君がそうやって吟味して選んだものなら、
きっと良いものなんだと思うよ。

仮に良くなかったとしても、、、

それも人生じゃないか!

好きにしなはれ。

あ、

気がつけば例によって例のごとく
親バカ全開ですね。失礼しました。

今日も良い一日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。