なんかあったら責任取れるのか?

Sponsored Link

 

東京マラソンの一般参加が中止になった。
コロナウィルス感染拡大を受けてとの由。

僕は抽選に漏れた1人のランナーだけど、
(来月僕は板橋シティを走る予定)
傍目にも残念だなあ、と思う。

そんなこと言ったってあーた、
なんかあったら責任取れるのか?

っていう声がある。

なんかあったら責任取れるのか?

嫌な言い方だなあと思う。

記憶が定かではないのだけど、コレ、
平成生まれの言葉というか――昔は
こんな声は聞かなかった気がするけど、
どうだろうか?

他人に噛み付く人も増えた気がする。

公園で遊ぶ子どもの声がうるさいとか、
怪我したらどうするんだ、とか。

そういう声が少しずつ積み重なって、
ギスギスしていって、みんな仕方ないよね、
と諦める。それが全体の「空気」になる。

結果、声の大きい人の意見が
さらに通るようになってしまう。

と言ったら大袈裟だろうか?

話が思いきり逸れた。

えーっと、今日はお知らせです。

3月28日(土)、武蔵新城で
定員50人のセミナーをやります。
「不登校の、その先は?Vol.2」。

この先、どうなるかわかりませんが、
今のところ、やるつもりです。

チラシも絶賛印刷中!

お申込みはこちらから
https://beans-n.com/lp/seminar20200328/

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。