改めて意を強くした

Sponsored Link

 

コロナ関連のニュースやシェアは見ない。
そう決めている。

気分が悪くなるから。

だがしかし!

「見えない疲労」
「元自衛隊の心理教官」
「不安の乗り越え方」

といった絶妙のタイトルに釣られて、
この記事はうっかり読んでしまった。

でも読んでみて良かった。

特にこのくだりに改めて、意を強くした。

情報の制御も必要です。不安な情報は甘いお菓子と一緒で、いくらでも欲しくなる。でも、同じニュースを何度も見るのは「摂りすぎ」です。

不安が強いときは意識をそらす時間をつくりましょう。読書でもゲームでも、好きなことに夢中になり熱中することで、必要以上の不安を抱えなくなります。そしてよく休むこと。「ステルス疲労」は気づかぬうちに体を蝕みます。意識して普段より1時間長く寝てください。昼寝でも、横になるだけでも構いません。

不安な情報は甘いお菓子と一緒――。

そうなのだ、甘いお菓子なのだ。

今や誰もがデザートビュッフェ状態。
不安な情報をエンドレスでおかわりして、
みんな具合が悪くなっている。

な・ら・ば。

意識をそらす時間をつくる。
意識して普段より長く寝る。

大事なことだと思いませんか?

そしてやっぱり、毎度おなじみ、
アメリカの小説家で『若草物語』の著者
ルイーザ・メイ・オルコットのこの言葉が
僕にはしっくり来る。

まさに金言だと思う。

Hope and keep busy.
希望をもって忙しく。

今日も、希望をもって、忙しい1日を。

P.S.
ルイーザ・メイ・オルコットの名言「雲の向こうはいつも青空」をタイトルにした不登校インタビュー事例集の「オンライン読書会」を、今週土曜日5月2日の午後2時からやります。
「読書会」とはいうものの、好きな一節を披露しあった後はもう、ざっくばらんに話し合う会です。
一緒にお話しませんか?
お申込み、お待ちしています。
https://dokushokai200502.peatix.com

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。