これは、きっと誰にもありうる話だ

Sponsored Link

 

伊藤さんは60歳。
7年前からひきこもり生活をしている。

生活保護は絶対に受けたくない。
なぜなら、子どもたちに
その連絡が行ってしまうから。
それだけは、どうしても避けたいから。

胸が痛む記事だった。

でも多くの人に読んでもらいたい
と思ったのでシェアする。
いや、多くの人が読む“べき”だ、と思う。

「どうしてこういう人生に
なってしまったんだろう?」

これは、きっと誰にもありうる話だ。

僕も来年50歳になる。

再就職は、希望したとしても
まあ厳しいだろう。

今やっていることは楽しいけれど、
もちろん楽しいだけじゃ生きていけない。
シビアな現実に、正直
足がすくむ思いをすることもある。

でも本当に
ニッチもサッチも行かなくなったら。

「助けてほしい」
そう言える自分でありたいと思う。

それを言うことが難しいことは
重々わかっている。

わかっていて、もしかしたら
未来の自分に必要かもしれない
とも思うので、
あえてこうして書き残しておく。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。