しっかり斧を研ぐ

人民の、人民による、人民のための政治…。

1863年11月19日に行われた
有名なリンカーンのゲティスバーグ演説。

実はこの式典のメインは
エドワード・エヴァレットの基調演説だった。
その長さは2時間あったという。

その後に、リンカーンが
272語1449字という約2分間の演説をした。

マイクもない時代。声も小さかったし、
あっという間だったので
カメラマンも気づかず、写真も残っていない。

でも歴史に残る演説になった。

なんか良い話だなあ、と思いませんか?

リンカーンの言葉でいつも
心に留めている言葉がある。

もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう

今まさに準備していることがあって、
そのことを考えると足がすくむ思いもある。

でも山に登るのも、42kmを走るのも、
最初の一歩を踏み出さない限り、絶対に
山頂やゴールにたどり着くことはできない。

そしてそのために、しっかり斧を研ぐ。

すみません、今日は
自分に向けて書いた独り言でした。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。