ワンストップでソリューション

いわゆる「日経新聞的」というか、
ビジネスちっくなモノの言い方がある。

「足元の企業業績」
「景気は踊り場」
「川上(製造業)と川下(小売業)」

とかいう言葉たちだ。

なぜ企業業績は足元なのか?
じゃあ、頭や手はなんだ?
背中は?ふくらはぎは?

踊り場踊り場って、
なんで景気は上るのが前提なのか?

川上だの川下だの水の流れに例えられると、
高い所と低い所があるみたいじゃないか?

つい意地悪くそんな風に思ってしまう。

言ってる本人は気の利いた比喩だと
自分で思ってるんだろうけど、
なんだろう、どこか軽薄な匂いがする。

そして、もう何年か前だと思うけど、
当時やたらめったら聞くことが多かった、
このビジネス用語もすごく耳障りだった。

「ワンストップのソリューション」

一箇所で全部できます、
ぜんぶまとめてお引き受けできます、
ということなんだけど、

こうやってカタカナで言うと、
とっても実感がこもっていないというか、
口先だけというか、軽く響く。

そんなことはないですか?

「御社の課題を
ワンストップでソリューション♪」

まあね、確かにソリューション大切ですよ。
課題を見つけてそれを
ソリューションするのがビジネスだから。

たぶん…。笑

でも全ての課題がズバッと解決!
というハッピーエンドって、
どこか嘘くさくないだろうか?

本当にそんなにビジネスって、
簡単にソリューションできてしまう
ヤワでお手軽な課題ばかりだろうか?

そんな疑問も、常に
心のどこかに忘れないようにしたい。

ワンストップのソリューション、
というような大雑把な言い方をしていると、
どんどん言葉も考えも
浅くなってしまう気がするから。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。