参加者全員で考えるセミナー

Sponsored Link

 

今月末開催予定のセミナー
『不登校の、その先は?Vol.2』。

大変ありがたいことに、
昨日の神奈川新聞朝刊でご紹介いただいた。

びーんずネットがセミナーを開催する上で
大切にしていることがある。

それは一方的に情報を伝えるのではなく
「参加者自身に考えてもらう場」
でありたいということだ。

わかりやすい解決策や、
具体的なアドバイスがほしい。

そう願う人には、残念ながらたぶん
期待に添えないと思う。

複数の視点でまっさらに考えてみる。
そこから気づきや学びを得ていきたい。

そう願う人には、きっと
実り多いものになると思う。

びーんずネットのセミナーの特徴は
以下の3点にあると思っている。

  1. テーマに沿って、参加者全員で考えるセミナー
  2. 情報を伝達する講演会スタイルではない、双方向なトークセッション形式
  3. 参加者同士、小グループになってシェアしあう時間がある

8月29日土曜日、午後1時半から3時間。

  • 多様な学びのこと
  • 不登校当事者の気持ち
  • 不登校生支援の現場

3人のゲストをお迎えして、
それぞれの視点からお話いただく
「トークリレー」形式のセミナーだ。

きっと、濃密な時間になると思う。

去年開催したトークリレーもそうだった。

『悩みや不安をしっかりと言語化して向き合うセミナーでした。
子育ては悩みの連続で、どうしようもない恐怖に襲われる日々でした。
同じ状況の方々と直接話ができ、親の会とはまた違った進行に安心して参加できました。「親にとってのフリースクール」』(U.E.さん:44歳)

『昨年に引き続き2回目の参加ですが、今回も一方的にお話を聞くだけでなく、グループになっての話し合いの時間もあり、アットホームなとても良い雰囲気のセミナーでした。3時間があっという間でした。期待通りでした!』(K.K.さん:45歳)

『一人で考えたりするとグラグラ自分の気持ちが揺れてしまう時がある。
他の人と一緒に考えたり、ゲストの方の考えを聞いたりしたことで、自分の気持ちが安定した。自分で自分をこれでいいと思えた』(N.C.さん:36歳)

去年このセミナーに参加した方々から
いただいた感想の声だ。

今回初めて会場とオンラインと
両建てで開催する。

オンラインでも小グループの話し合いなど
リアルと同じ運営をしていく予定。

まだ残席あります。
あなたも是非。

お申込はこちらから
https://beans-n.com/lp/seminar20200829/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。