同じ轍を踏む人が減りますように

Sponsored Link

 

不登校新聞を購読されている方なら、
すでにお読みになられた方もいると思う。

不登校新聞の取材を僕ら夫婦で受けた。

その記事がWEB版の方にアップされている。
1ヶ月の無料お試し購読で読めるので、
よろしければ。

毎度ながらなんだけど――。

こうして話を聞いてもらって、
記事にしてもらえるのは
本当にありがたいです。

もうひとつ。

少なからず、当時いろいろと
息子には申し訳ないことをした。

その罪滅ぼしじゃないけれど、、、

記事を読んで僕と同じ轍を踏む人が、
少しでも減りますように。

心から願ってます。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ 

Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • >少なからず、当時いろいろと
    >息子には申し訳ないことをした。
    >その罪滅ぼしじゃないけれど、、、

    私もまったく同じです。ゲームを取り上げたり、テレビを見せなかったり、お菓子を食べさせなかったり

    あんなこと、なんの意味もなかった。小さい頃ほど、喜ばせるのは簡単だったのに。
    いくらでも喜ばせてあげたらそれでよかったのに。

    お菓子やプールや遊園地で簡単に喜んでくれた時期はあっというまにすぎさって…

    その罪滅ぼしではないけれど。

    がんばりましょう、お互いに!

    • 田中先生、コメントありがとうございます!
      本当にそうですね、簡単に喜んでくれた時期はあっという間でした……。
      でも幸いにも人生は続くので、笑
      罪滅ぼしに励みたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。