子どものリアルな言葉

Sponsored Link

 

さいきん印象に残った
子どものリアルな言葉を2つ紹介。

ひとつめ。

日本講演新聞5月10日号の
「教育 ことばの学校」での
コラムニスト/スピーチライターの
ひきたよしあきさんの記事の中の話だ。

「本の推薦文を書く」

というテーマで作文を募集したところ、
『三国志』について書いてきた子がいた。

誰にどんな理由で三国志を薦めたいのか?

「道徳の授業をやっている先生たちに『三国志』を薦めたい。なぜか。『三国志』に出てくるのは、ほとんどが悪者だ。でも悪いやつだけどこんなに英雄じゃないか。悪いやつでも英雄になって歴史に残っているということを、これを読んで知ってもらいたい」。

確かに言われてみれば、三国志では僕も
曹操や呂布や周瑜がけっこう好きだった。

悪いやつかもしれない。

けれど英雄だし歴史に残っている。
だから道徳の先生に読むのを薦めたい。

なかなか痛快な理屈じゃないだろうか?

もうひとつ。

「息子は運動会を楽しみにしていました。徒競走で『1等賞を取る』と張り切っていたけど中止が決まり、家で泣いていました」――。こう複雑な胸中を口にしたのは、北海道在住で小3の男児を持つ父親だ。

運動会は中止なのに、なんで五輪はやるの?
これはその通りすぎて、ぐうの音も出ない。

ちなみに、この回答も
おかしな話じゃないだろうか?

なお、萩生田光一文部科学相は5月18日の閣議後会見で、緊急事態宣言下における小中学校などの運動会について、中止するのではなく、感染対策などを工夫して実施する可能性を探ってほしい、と話している。

結局、判断も責任も現場に丸投げ……。

危機のときこそ、リーダーによる
しっかりした説明と方向付けが
いちばん大切だと思うのだけど、
毎度ながら・この国のありようは
いつも・本当に・残念だ。

良くないよなあ。

良くないんだけど、
良くないからこそか、笑
今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。