証人喚問と太陽

証人喚問と太陽

北風と太陽

先週金曜日の小田嶋隆さんのコラム「佐川氏証人喚問視聴記」には、心を動かされた。

特に4ページ目。まさに、北風と太陽だ。

俄然、興味を持った。

 

YouTubeでそのシーンを見てみた。

結果、僕も小田嶋さんと同じ印象を持った。

どれだけ舌鋒鋭く追及したって、そうすればするほど、佐川氏も見てる我々も白けていく。

うるせー馬鹿、お前何様だよ、って思う。

強いのは、やっぱり

でも薬師寺議員がしたような質問は違う。

あれは本当に、本当に、本当に効いた。

彼女が最後の質問をした瞬間、小さくだけど議場がざわめいた。

あの場にいた人たちもやっぱり、感じるものがあったんだと思う。

 

北風でなく太陽であることは一見、小さく、弱そうだけど、

でもやっぱり、いちばん強い。

 

性善説を信じたい。

世の中というものを、誰かの陰謀やら、業や欲にまみれた下衆なものだと思いたくない。

このロクでもない、すばらしき世界にあって、美しいもの・あたたかいものを信じたい。

 

小田嶋さんのコラムを読んで、薬師寺議員の質問を見て、あらためて熱く。

そんなことを感じた。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
証人喚問と太陽



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。