アドバイスがほしいわけじゃない

アドバイスがほしいわけじゃない
Sponsored Link

 

昨日の朝の話。

雨の朝は走らない。
MacBook持って、近くのカフェに行った。

混んでいて、少しすると隣に
僕と同世代くらいの二人組の女性が座った。

席に座るなり、一方が眉根を寄せて
低い声で勢いよく話し出す。

PCに向かって作業をしてたんだけど、
なんせ隣なんで。
どうしても聞こえてしまう。

最初は無視を決め込んでたのだけど、
諦めて途中から聞いてみることにした。

2人を仮にアヤカさんとマユミさんとする。

アヤカさんが悩んでいる。

どうやら会のルールについて、
ヨシノさんに注意を受けたかなんからしい。

ヨシノさんは当たりが強い人だ。
言い方にトゲがある。

役員のLINEグループでも、
他の人には楽しそうにスタンプで返すのに、
アヤカさんの投稿にはいつもテキストで
「はい、了解しました」とだけ返す。

アヤカさんの知らないところで、どうやら
監督にも彼女の悪口も言っているらしい。

ルールのことは単に知らなかっただけだ。
普通に教えてくれればいいのに。

だいたい(たぶん)そんな話だ。

対してマユミさん。

ヨシノさんて、確かに当たりは強いし、
ハッキリ言う人だよ。
でもそのLINEと監督の件は、
アヤカさん考えすぎだと思う。
というのも、、、

マユミさんの解説とアドバイスに、
アヤカさんは明らかに不満顔だ。

マユミさんの言葉尻を捉えて
アヤカさんがすかさず割って入る。

それはわかるよ。
でもね、あのときだってね、、、

以下、無限ループ。

アヤカさんの熱量にも、
マユミさんのめげないアドバイスにも、
隣で聞いてるだけで心底やられた。

マユミさんに言いたかった。

僕なら魔法の言葉を知ってるんだけどな。

「そうか。アヤカさん、
ヨシノさんにそう言われて、
心外だったんだね」

「LINEでも、自分だけ
そんなふうに返されて嫌だったんだね」

そうやってアヤカさんの言葉を受け止める。
相手の言葉を繰り返し、言い換える。
気持ちを汲む。

親業で言う「能動的な聞き方」だ。

アヤカさんはただ聞いてほしいのだ。
アドバイスが欲しいわけじゃない。

マユミさんが熱心にアドバイスを
しようとすればするほど、
残念ながらアヤカさんの心情とは
どんどん離れていく。

一昨日、親業の「能動的な聞き方」を
久々に思い出したところだったので、
個人的にはとてもタイムリーな図だった。

アヤカさんの心に平安が訪れますように。

「親業」について、詳しくはこちらを。
https://ftk-gift.com/category/parparent-effectiveness-training/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
アドバイスがほしいわけじゃない



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。