来年はもう同じことを書かない

Sponsored Link

 

10年日記をつけている。
今年で4年目になった。

「年の終わりに想うこと」
「年の始めに想うこと」

を記入する欄がある。
欄があるので、毎年書く。

これが、まあ!

よくも毎年同じようなことを、
ということを書いている。

楽しく、健康に、誠実に、
繋がりを大切に、爪を噛まない、
酒量と体重減らす!云々カンヌン。

まあ本当にそう思うんだから
別にいいのだけど、、、

我ながら4年変わらず
ずっと同じなのもどうかと思った。

ちなみに去年2020年の1月1日も
見事に、同じようなことを
ブログでも書いている。

自分への備忘録として

2020.01.01

ということで、今年の
「年の始めに想うこと」
の最後に一言、こう付け足しておいた。

来年はもう同じことを書かない、と。

あ、特に爪と酒量と体重のことですね。

今年の金子純一はちょっと違うんだぜ!

と、自己暗示をかける朝。笑

今日から良い2021年を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。