自分への備忘録として

Sponsored Link

 

2年前から10年日記をつけている。

「年の終わりに想うこと」
のページは昨日書いた。

「年の初めに想うこと」
のページはさっき書いた。

健康・楽しく・正直・体重・酒量

書いてみて思った。

僕の場合、毎年ほとんど
同じような単語を書いてるなあ、と。

前半の3つが願望、後半2つが課題だ。

さて。

今日は新年らしく、個人的に
頭に浮かんでいる名言を3つほど紹介。

自分への備忘録として。

やったことに対して後悔を感じることはほとんどない。人を悩ませるのはやらなかったことだ(チャールズ・ディケンズ)

やるかやらないか、
迷ったときはこの言葉を!

憤りにしがみつくことは、嫌いな人を家賃無料であなたの頭の中に住まわせるようなものだ(アン・ランダーズ)

ホント、そうだそうだと思いながら、
よく家賃無料で住まわせてしまっている。
嫌いな人はさっさと追い出そう。

希望をもって忙しく(ルイーザ・メイ・オルコット)

コレ、最近のお気に入り。
常に、かくありたし!

ということで、
本年もよろしくお願いします。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。