昼休み日記(不登校編)(4)身代わりロボットが学校に行ってくれたらいい

Sponsored Link

 

7年前、4社目となる会社へ転職した。
慣れない毎日の中で、昼休みにあれこれ
思うことをメモしていた。

本棚を整理していたら
ひょっこりその雑記帳が現れた。
読み返すと息子の不登校のことも
ラフに日々、けっこう綴ってあって、
記録として残しておこうと思った。

という次第で突然始まった
「昼休み日記(不登校編)」。

不登校に関する記述を抜粋して連載。
よろしければお付き合いください。

前回(3)はこちらから

昼休み日記(不登校編)(3)どれか1つか、どれもか

2020.11.22

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年12月17日(火)

昨日は「忍介通信1」を書いた。
今日は2を書くつもり。

2013年12月18日(水)

朝、忍に髪の毛を切るようにうながすも反対にあう。
髪を毎日とかすことに落ち着いた。

何だかなあ。

2013年12月25日(水)

今日は忍がクリスマスプレゼントを見つけに、朝3時に起きてきて笑った。
サンタさんを信じる最後の冬になったかなあ、と。

2014年1月6日(月)

今日が新年初日の出勤日。
年末、学校へ行く方向で話し始めた忍介。

さて、どうなることか?

2014年1月7日(火)

夜、お風呂でマシンガントークする忍介に、冬休み明けが登校する一つのタイミングだと諭す。

→忍、寝る前にあかねにグチる。

  • 学校を休んだことを後悔している。
  • みんなに謝りたい。
  • 11月のふれあいフェスティバルの際、「こういう日だけ来るんだな(ズルい)」というようなことを言われ、胴上げみたいなことをされた。女の子たちに手を引っ張られたとのこと。
  • 学校に行ったら必ずみんなに何か言われる。それが嫌だ。
  • 存在感を消したい。
  • パーマンの身代わりロボットが代わりに学校に行ってくれたらいい。

話しながら悔しくて何度もマットレスに拳を振り下ろしていた。
そんな忍を見ているとこちらまで苦しくなる。

何とか解決はないか?

→忍が寝た後、あかねと24:30まで語る。

今朝、歯磨きのときに、忍に「大丈夫、忍は何も悪くないし、心配しなくていい」と話しかけるも、明日がユーウツらしく身もだえする。
思わず「辛かったら行かなくていい」と声をかけた。

本当にどうしたらいいのだろうか?

僕もけっこう苦しくなってきた。

勇気出して学校に行って、結果「意外になんてことない」と、ほわりと成長してくれるといいんだけど……。

昼休み日記(不登校編)(5)出口が見えそうな気配もない

2020.11.24
プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • 簡単に受け止めたように思えてもそんな時期もあったんですね。
    こちらまで胸が締め付けられる思いがしました。
    ウチもそうだったなぁと。
    今でもたまに気持ちが掻きむしられる日がありますが。

    • コメントありがとうございます。
      今はすっかり落ち着いてますが、こんな時期もありました。
      読み返しながら色々、思い出してます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。