振り返る時間を持つ

Sponsored Link

 

経費の精算がこってり、
溜まってしまっていた。

昨日は一日、
しっかり時間を取ってやり終えた。

僕が使っているのは
バーチカルタイプの手帳だ。

会社勤めを辞めたら正直、
そんなに沢山スケジュールが
日々入る訳じゃない。

予定を管理するだけなら
本当はマンスリータイプで十分だ。

でもバーチカルを使い続けている。

なぜか?

時間を可視化できるのがいい、
というのもあるのだけど、僕の場合
予定だけでなく、その日その時間に
こなした作業や内容も記入しているからだ。

なので、手帳は僕にとって
ちょっとした「日誌」になっている。

交通費の精算のためにパラパラ
手帳をめくっていたんだけど、
これが、面白くて。

ついつい一年間ぶん、
丹念に読み込んでしまった。

ああ、このときこんなことしてたなあ。
あれがきっかけでこれが始まったんだよな。

そんなこんなを振り返る時間になった。

振り返る時間を持つと、
なんだかいいものだ。

そう思った。

今日が仕事納めの人が多いのかな?

日曜と月曜にインタビューの予定を
入れているので、僕ら夫婦は
あともう一息!なんだけど、、、

年の瀬、良い1日を!

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。