六畳間のピアノマン再び

Sponsored Link

 

先週たまたま見たNHKの土曜ドラマ
「六畳間のピアノマン」。

六畳間のピアノマン

2021.02.14

あのあと、さっそく見逃し配信で
第1話「自分を救う勇気」も見た。

そして昨夜、ワクテカしながら
第3話「いい人になりたい」を見た。

「チェーンソーでぶった切ってやる!」

と先週忍介に言わしめた元パワハラ上司、
上河内にスポットを当てた回だ。

上河内秀人(原田泰造)は工事現場の作業員。すべてを失った彼は、芳江(麻生祐未)が運営する子ども食堂に支えられている。8年前、夏野誠(古舘佑太郎)にパワハラをした上河内は、誠の父の泰造(段田安則)に再会し衝撃を受ける。一方子ども食堂に通う幼いカズト(又野暁仁)はビートルを三台見たら願いが叶う、と一生懸命。父親がいないカズトを思いビートル探しを手伝う上河内。居酒屋を開きたい真治(上地雄輔)も加わって…

途中で自室からリビングに来た忍介、
テレビに映る上河内の姿をチラリと見るや
「死ねクソが!」と吐き捨てるも、
上河内が記憶を全て失っていることに
わりとすぐに気づいたようで――。

チェーンソーを持ち出すことなく
静かに黙って自室に戻って行った。

こういうところは
我が息子ながら実に可愛い。笑

ビリー・ジョエル「ピアノ・マン」の舞台は名もなき人々が集まるバー。客たちの唱和を思わせる「今夜はメロディが欲しい気分。ピアノ・マン、君が僕たちを元気づけてくれ」という歌詞。そんな「ピアノ・マン」を動画投稿サイトで歌う、「六畳間のピアノマン」と名乗る一人の青年がいた。
彼の歌声は、やがて周囲の人々の心に響き、それぞれの人生は気づかぬうちに交錯していく。再び歩みだす先に光がさす、4つの物語。

重く切ないテーマを扱っているのだけど、
でもなんというか、すごく品がいい。

見終わった後、やさしく
あったかい気持ちになれる。

まあ、第1話と第2話に比べれば
インパクトは少なめだったけど、それでも
昨夜もぐぐっと響くドラマだった。

再び歩みだす先に光がさす、4つの物語

本当にこういう紹介文を書く人って
マジで天才だと思うんだけど、
「言い得て妙」とはまさにこのことだ。

次は最終回。よろしければ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。