世間じゃない。あなたでしょう?

「非常時」の不謹慎狩り

戦時下、焼け野原の東京。

庭の蓄音機で音楽を聴いていると、
自警団のおじさんが
血相を変えて注意してくる。

「こらっ、敵国の音楽を聴くとは何事か!」

「ベートーベンは同盟国ドイツの人ですよ」

難詰してやろうと意気込んでいたのに、
あてが外れたおじさん。

でも次にはこう絡んでくる。

「でもこんな音量で音楽かけて、
敵機に聞こえたらどうするんだ?」

9000メートル上空のB29に聞こえる、
ってか?
まさにコントだ。

この手の「非常時の不謹慎狩り」は
昔からあった、という話。
興味深く読んだ。

太宰が向けた「世間」への疑問

記事の中で「世間」というものを
取り上げているのだけど、

引用されていた太宰治が印象的だった。

(それは世間が、ゆるさない)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)
(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)
(世間じゃない。あなたでしょう?)
(いまに世間から葬られる)
(世間じゃない。葬むるのは、あなたでしょう?)

出典:太宰治『人間失格・桜桃』角川文庫

「世間」ってなんだろう?

基準から外れると、許さない。
ひどい目に合わす。葬り去る。

「世間」というおっかない、
目に見えない何か。
それを隠れ蓑にして他人を攻撃する。

その心理の源は、こんな感じだろうか?

「自分は色々我慢している。
やりたくてもできないでいることも多い。

なのに世間のその暗黙のルールを
お前はハナから守ろうとしていない。
だから許せない」

嫌だなあ、と思うし、残念だ。

でもこの手の言説、いまだに
結構身近にあるなあ、とも…。

「世間」もそうだけど、
「普通」とか「常識」とか、
そういう類の観点を乱用するのも、
良くないかも知れない。

みんないろいろ、ある。
十把一絡げにするのはよくない。

「非常時」を振りかざすのもおかしい。

そんなこんなを思った。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。