自立と孤立

Sponsored Link

 

来月発売予定の大切な新商品なのに、
倉庫にもオフィスにもどこにも無いという。

新商品用の部材も揃ってるし、
販促用のツールも全部届いている。
なのに商品だけが無い。忽然と消えた。

そんなバカな話ってあるか?

どういうことかを尋ねても誰も彼も
「わかりません」「知りません」
「他の人に聞いてください」と言うばかり。

挙句、「金子さん責任者なんですよね?
単純に手配し忘れてたんじゃないですか?」
とまで冷たく言われる。

頭に来た。

すぐに国内生産した場合の見積りと納期、
エアーで輸入した場合の見積りと納期、
倉庫の入出庫履歴、大急ぎで確認すべく
嵐のようにメールを打つ所で目が覚めた。

鼓動が早くなってた。
ホッとすると同時に思った。

やっぱり自分は
「抱え込んじゃうタイプ」だなあ、と。

先日の講演会で聞いた、
フリースペースたまりば理事長の
西野博之さんの言葉を思い出した。

自立とは?

「助けて」が言えること。
適度に「依存」できること。

一人で全部やるのは自立ではなく
「孤立」だ、と。

苦い夢だった。完全に孤立してた。

怒りが自分を支えていたけど、
思えば誰にも頼れないのは辛かった。

「助けて」と言えること。
大事だなあ、と。改めて。

思った48歳の朝でした。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。