紙の本が好きだ

もし無人島に
一冊だけ本を持っていくとしたら
何を持っていくか?

という質問がよくあるけど、
これはあんまり考えたくない質問だ。

そもそも、そんなところに行くのは嫌だ。笑

でも今の時代、
スマホがあれば結構な本が読める。

無人島の一冊という質問は、
実際的な話としては
意味をなさなくなっている気もする。

デジタルで本を読むこと

僕はランニングしている時は、
ビジネス系のオーディオブックや
ポッドキャストを聞いている。

特に新しいテクノロジーに
アレルギーがある訳でもない。

それでもひとつ、
試したけどどうしてもダメなのは
「デジタルで本を読む」ことだ。

走っている間に聞く
「ためになる」情報はともかく、
「読みたい」と思って読むものは、
やっぱり重くても紙の本がいい。

表紙の手触り。ページをめくる感覚。

新しい本の目次を読み、奥付を読み、
あとがきをフライングでちょっと見て、
タイトルを眺め、さて読みますか。

――その気分が一番好きだ。

自費出版を電子書籍にしなかった理由

不登校をテーマにインタビューしよう。
それをまとめた事例集を作ろう。

去年の秋、夫婦でそう話したとき、
コストのことを考えて、
電子書籍のことも調べた。

でもアナログの本にすることに決めた。

自分たちが紙の本に価値を感じるし、
自分たちが好きな形、
望ましい形で届けたい。

それは画面で読む形ではなく、
紙で読む形だ。

もちろん自費出版なので、普通につければ
誰も買わないような値段になる。

計算してもらえば分かると思うけど、
特典の冊子と送料込みで980円
というのは結構頑張っている値段で、
もっと平たく言えば、まだ普通に赤字だ。
(もちろん最初からその覚悟だけど)

でも、おかげさまで!

たくさんの人に買っていただいて、
もうあと数十冊でトントンになる。

なので、もしよろしければ一冊ぜひ、
…と、今日は宣伝なんでした。笑

https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol1/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。