幸せに生きる大人の見本

Sponsored Link

 

ああ、新年早々良い記事見つけた!

このブログで何度も紹介している、
医師で臨床心理士の田中茂樹先生が
富山市内で行った講演の内容だ。

短い要約だけど、本当に毎回ながら
素晴らしいと思って読んだ。

ぜひ全文を――。

と、言いながらどうしても
勢い余ってしまうのが
アタクシのイケナイところで。

ちょっとだけ引用。

「子どもの自己肯定を育てるにはどうしたらいいですか?」と聞かれることがあります。それは、親が子どもと一緒にいて機嫌よくしていることです。親の機嫌が良ければ、子どもはリラックスでき、自分はこのままでいいんだと思えます。

ただ機嫌のいいふりは、すぐに見抜かれます。機嫌よくできないのは、子どもの問題でなく、親自身の問題です。親が、幸せに生きる大人の見本となれるようにしたいですね。

このね、「機嫌のいいふり」は、
不登校生の親界隈あるあるだと思う。

親が、幸せに生きる大人の見本となれるようにしたいですね。

結局ブーメランのようにすべて
ここに戻ってくるよなあ、と。

不登校は子どもの課題でもあるけれど、
親が自分に向き合うチャンスでもある。

そうやってポジティブに捉えられたら、
いいよなあと。
せっかくだから。

そんでもって例のごとく勢い余って
「不登校という名のギフト」だなんて、
ブログのタイトルにしちゃってみてね。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • 記事のご紹介、ありがとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    おたがい機嫌よくすごしましょう!

    • 田中先生、こちらこそです。
      今年もよろしくお願いします。
      機嫌よく!過ごしていきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子は小学三年生の時に不登校になり、小・中学校には通うことなく卒業しました(現在19歳・大学生)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』や各種書籍の出版をしています。