骨身に沁みたあまり、、、

Sponsored Link

 

恥ずかしいので詳細は書かないのだけど、
本当に基本的なところで失敗をした。

準備万端、うまくやったつもりだった。

ところが痛恨のミス!

しかも本当にしょーもないミス。
単純すぎてもう、ぐうの音も出ない。

でも仕方がない。
リカバーに3時間かかったけど、
地道になんとかやりきった。

もうこの先の人生、
絶対に同じ間違いはしない、
と固く心に誓った。

アホすぎる。
それだけ骨身に沁みた。

沁みたあまり、、、

息子には同じ間違いをしてほしくない。
と思って、ついつい――

言いたくなるんだろうな、きっと。
同じような場面に遭遇すると。

リカバーしながらそんなことも思った。

しかし一体なんでなんだろうね、コレ。笑

失敗したことで骨身に沁みた。

失敗して骨身に沁みることでしか
本当には学べないんだよね、人間って。
心底そう思っている。

なのに特に可愛い子どもには、
同じような失敗をしてほしくない、
と願う、親という種族。

どんどん失敗すりゃあいいんだよ。
骨身に沁みるから。

そうやってどーんと構えたい。

構えたいのに、でも構えられない。

あのさ、忍介。

お父さん昔こういう失敗したからさ、
こういうときには……。

ナドト安易ニ言ワヌコト!(厳命)

さあ、2021年も今日を入れてあと10日。

良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。